ご挨拶

 新元号「令和」がスタートしました。
万葉集「梅花の歌」の
初春の令月にして、
気淑(よ)く風和ぎ、
梅は鏡前の粉(こ)を披(ひら)き
欄は珮後(はいご)の香を香(かおら)す。
から引用されています。

 見事に咲き誇る梅のように
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいと願いを込め、決定したということです。

 「令和」という新しい時代が素晴らしい時代となるように、
大いなる希望と願いを込めて生き抜いていきたいと思います。

黒子ひでゆき